1. ホーム
  2. 最新情報
  3. 【お料理情報】炊飯器で作る美味しい栗ごはん

【お料理情報】炊飯器で作る美味しい栗ごはん

「炊飯器で作るおいしい栗ごはん」

食欲の秋だけに、スーパーに行けば、秋ならではの美味しい食材がたくさん目に飛び込んできます。
季節の旬な食材を口にすることは、私達の元気エネルギーを満たすことにつながり、からだにとても良いそうです。

そこで秋と言えば、「栗」です。少々強引ですが…生の栗が食べられるのは秋ならでは!「炊飯器で作るおいしい栗ごはん」の作り方をご紹介しましょう。

皮をむいた栗を炊飯器に入れて炊くだけの簡単レシピなのですが、今回は特別に「おいしくするちょっとしたポイント!」も交えてみました。

1)皮のまま鍋に入れ、栗がつかるまでひたひたに水をはります。火にかけ3分ほど沸騰させたら火を止め、栗を冷まします。
(皮をやわらかくするのが目的なので、中まで火が通っていなくても大丈夫です。)

2)栗のざらざらした部分から包丁で切り落とし、そこから皮をむくと簡単にむけます。

3)むいた栗を水にしばらくの間つけ、あくを抜きます。

ここで「パサパサ栗ごはんを防ぐポイント!」をご紹介しましょう。
白米の1/3をもち米に変えるだけで、しっとりした栗ごはんに生まれ変わります。

4)お米を研いだら、一度ザルにあけて30分~1時間ほどねかせます。ひと手間かけることで、お米に水分が均等にいきわたり、しっとりツヤツヤのお米が炊き上がります。

次に「炊飯器に調味料を入れて炊くときのポイント!」です。
炊飯器の目盛り通りに炊く前に、先に調味料(酒・みりん・塩または醤油)を入れてから水を足します。みりんや酒などの水分のある調味料を先に入れ、そこへ計量カップで水を加えることで、水分が多すぎてベタベタすることも、水分が少なすぎてパサパサすることもありません。

5)調味料と水を入れたら、全体をしゃもじなどで混ぜます。ここでうま味をさらにUPさせるために、3センチくらの大きさに切っただし昆布を炊飯器に入れ、炊飯器のスイッチを入れます。

  • ※3ヶ月以上の定期コースをご契約した方が対象となります。

  • 家事代行はいわゆる家政婦さんの仕事を小規模にしたようなもので、一般家庭の主婦が行うような家事全般を代行してもらうサービスです。
    仕事や雑用などで忙しい奥様や一人暮らしの男性などに代わり、掃除、洗濯、買物、料理、子供の送迎などを代行してもらえます。