1. ホーム
  2. 最新情報
  3. 【掃除方法】換気扇編

【掃除方法】換気扇編

毎日の生活で一番よく使い、一番汚れる場所といえば?トイレ・キッチン・浴室・洗面所といった水まわりではないでしょうか。
使う頻度が高いからこそ、汚れが付きやすい場所でもあります。

水まわりの中でも最も手ごわいと思われているのが換気扇です。
「掃除しよう」と思ってもすぐにできるはずもなく、年に一度の大掃除に持ち越し…なんて経験ありませんか?

今回はその換気扇のお掃除に注目しました。手をかけすぎないでキレイにする「漬け置き洗いのお掃除方法」をご紹介しましょう。

1) 換気扇の部品が全部入ゴミバケツ、なければキッチンのシンクにゴミ袋を敷いて水を溜めます。そこに約40~50度のお湯と中性洗剤を加え、洗剤溶液を作ります。

2) ケガをしないように念のためゴム手袋をし、換気扇をそっと外します。部品を全てゴミ袋の中の洗剤溶液につけ、20~30分感そのまましばらく漬け置きします。

3) 油汚れが浮いてきたら汚れ落ちのサインです。ゴム手袋をした手で浮いた汚れを優し く取り除きましょう。手袋についた油汚れは新聞紙に吸収させると簡単にとれます。

4) 細かい部分汚れは、古くなった歯ブラシでこすり落としましょう。特に頑固な汚れは、直接洗剤を付けて歯ブラシで擦り落とします。凹凸のある部分は歯ブラシでも難しいので、キッチンペーパーに洗剤溶液をしみこませ、そのまま湿布します。

5)最後に水洗いして洗剤をしっかり落とし、乾燥させればお掃除完了です。

大掃除まで待たず、気候の良い秋のうちに手のかかる換気扇をキレイにしておくと、年末の大掃除もすぐに終わること間違いなしです。

  • ※3ヶ月以上の定期コースをご契約した方が対象となります。

  • 家事代行はいわゆる家政婦さんの仕事を小規模にしたようなもので、一般家庭の主婦が行うような家事全般を代行してもらうサービスです。
    仕事や雑用などで忙しい奥様や一人暮らしの男性などに代わり、掃除、洗濯、買物、料理、子供の送迎などを代行してもらえます。