1. ホーム
  2. 最新情報
  3. 【生活お役立ち情報】読書の秋、本の収納方法

【生活お役立ち情報】読書の秋、本の収納方法

「読書の秋!使い勝手のよい本の収納方法」
この秋は本を読むだけではなく、使い勝手よい収納にチャレンジしてみませんか?

【ポイント1】
本を収納する前に、手持ちの本を見直すことからスタート!買ってきた本や読み終えた本を積み重ね、本のスカイツリーが部屋の片隅にできていませんか?
そうなる前に、全ての本を一つの部屋に集め、残しておきたい本といらない本に分けます。
いらない本は思いきって処分しましょう。リサイクルショップに持っていくのも良いでしょう。

【ポイント2】
残した本を以下の3つに分類します。
1)「お気に入りの本」「読む頻度が高い本」
2)「あまり読まないけれどお気に入りの本」「読むより飾っておきたい本」
3)「ほとんど見ないけれど捨てられない本」「思い出の本」

【ポイント3】
次に本棚のどの位置に収納するかを考えてみましょう。
・本棚の一番上に2)「あまり読まないけれどお気に入りの本」「読むより飾っておきたい本」
・本棚の真ん中の棚に1)「お気に入りの本」「読む頻度が高い本」
・一番下に3)「ほとんど見ないけれど捨てられない本」「思い出の本」
このように本棚に収納する時、用途や使用頻度に応じてしっかり分類することがポイントです。

最後に上級編とも言える収納ポイントをご紹介しましょう。
本の種類・高さ・色をそろえることです。この3つを意識するだけで、すっきり収納で見た目もスッキリ!
「どうも本棚がごちゃごちゃしている」と感じる方は、この方法をお試しください。


優先順位としては、
① 本の種類
② 高さ
③ 色
本を種類ごとに分類し、次に高さ・サイズごとに分け、最後に色ごとに分けます。
高さのある本は、棚の端に寄せて収納するようにするとバランスがよいでしょう。

読書の秋だからこそ、本棚の中身を見直してみてはいかがでしょう。

  • ※3ヶ月以上の定期コースをご契約した方が対象となります。

  • 家事代行はいわゆる家政婦さんの仕事を小規模にしたようなもので、一般家庭の主婦が行うような家事全般を代行してもらうサービスです。
    仕事や雑用などで忙しい奥様や一人暮らしの男性などに代わり、掃除、洗濯、買物、料理、子供の送迎などを代行してもらえます。