1. ホーム
  2. 最新情報
  3. 家事代行の市場規模

家事代行の市場規模

家事代行・生活支援サービス産業の市場規模は、おおよそ1,500億円であると予想されています。
また、将来的には約5,000億円まで拡大が見込まれており、これはまさに成長産業と言えるでしょう。

この数字は、2010年に野村総合研究所が経済産業省受託調査として、家事代行・生活支援サービスに対する利用意向を調査した「家庭生活サポートサービス産業についての調査事業」からの情報ですので、信用性も高いと思われます。


約5,000億円という膨大な数字には、日本社会の経済状況と日本人の思考の変化が関係しています。
というのも経済不況の中、共働きの家庭も増え、家事はプロに任せ休日はリフレッシュする生活スタイルの変化と共に、市場拡大が見込まれているようです。

今はまだ利用者の拡大が進んでいる途中段階にすぎません。
今後は、定期的な利用者とは別に、家事代行を大切な人へのギフトとして利用する方や、年末大掃除の時だけ依頼するといった「スポット利用者」をどれだけ増やせるかが鍵になるでしょう。
いずれはスポット利用者が定期利用者となり、市場の成長に追い打ちをかけることが期待されています。

消費者を対象としたアンケート調査でも「家事代行・生活支援サービスを使ってみたい」と考える消費者の声を多くひろえたようです。

今後、優秀なスタッフを育成・雇用した家事代行サービス会社が増えていくことが、家事代行サービスの利用者増加につながると期待されています。

  • ※3ヶ月以上の定期コースをご契約した方が対象となります。

  • 家事代行はいわゆる家政婦さんの仕事を小規模にしたようなもので、一般家庭の主婦が行うような家事全般を代行してもらうサービスです。
    仕事や雑用などで忙しい奥様や一人暮らしの男性などに代わり、掃除、洗濯、買物、料理、子供の送迎などを代行してもらえます。